千葉北ロータリークラブ公式ホームページ

会長挨拶

親睦と学びの機会を増やす

北根会長

 

2022-2023年度

会長 北根 公博

 

今年度RI会長である、ジェニファー・ジョーンズさんは2022-2023年度の会長テーマを「イマジンロータリー」としました。ジョーンズさんは、世界にもたらされる変化を想像して大きな夢を描き、その実現のためにロータリーの力とつながりを生かしましょうと呼びかけています。

 

2790地区ガバナーの松戸ロータリークラブ小倉ガバナーは、地区のスローガンを「ロータリーの仲間と信頼を繋ぎ、千葉から世界を変えていこう」として、ロータリー活動によって培われた仲間同士の信頼・友情(フェローシップ)を繋ぎ、千葉という地域から少しずつでも変える奉仕活動を起こしていこうとし、信頼できる仲間そして地域の人々との協力関係を深めながら、夢を実現のために行動を起こしていきましょうとおっしゃっています。

充実し参加したくなる例会、風通しの良いクラブ(自由に意見を述べることの出来る雰囲気、環境がある)発信力のあるクラブ、奉仕活動が活発で、会員皆が奉仕活動に参加しているクラブを目指してほしいとのことです。

 

今年度千葉北ロータリークラブは「親睦と学びの機会を増やす」をテーマとして活動していきます。2年半続いているコロナ禍によって、諸活動は制限され、クラブの元気・活気が低下してきていると感じます。

コロナの状況も今後またどうなるのかは分かりませんが、例会開催方法は感染状況を踏まえ臨機応変に対応できるような体制づくりをするとともに、平時においてもオンライン参加できるようにしていきたいと考えております。

親睦を図り、会員同士コミュニケーションを取りながらロータリーについて学ぶ場の例会を大切にしたいと思っています。

 

そして、今年度は、特別委員会としてSDGs推進委員会を立ち上げ、千葉北ロータリークラブとしてのSDGs活動を行っていきます。

皆で活動し、会員間の絆を深め、活気を取り戻し、魅力が増すことによって会員増強に繋がってほしいと思っております。

千葉北ロータリークラブのこれからの未来のために一緒に盛り上げていきましょう。

 

充実した活気のある楽しいクラブ・魅力のあるクラブにしていきたいと思いますで、皆様一年間 ご指導 ご協力よろしくお願いいたします。

ページ上部へ戻る