会長挨拶

皆のために 進化し続ける

20210707IMG_1368

2021-22 RI会長シェカール・メータ(Calcutta-Mahanagar )さんの今年度のRIテーマは、

「SERVE TO CHANGE LIVES」であり、RIの日本語訳は『奉仕しよう みんなの人生を豊かにするために』です。

RI会長の挨拶の文書を読みますと、「Do more grow more」と続いています。
奉仕することで自分の人生を豊かにできるということだと思います。

また、「Each one bring one」とあり、上記以外にも会員増強を重視しています。

この20年間横ばいの全世界の会員数120万から130万に増やして行こうというメッセージです。

このメッセージの中でヒントとして、女性会員の増強を力に入れること、コロナ影響の中及び次世代の為にハイブリッド例会が挙げられています。

梶原ガバナーの地区スローガンは

『Love Other Spirit  繋ごう次世代へ 夢ある未来に向けて』です。

PETS(会長エレクト研修セミナー)では ロータリーの戦略優先事項(2019年から5年間)の説明がありました。

優先事項は以下の四つのテーマです。

より大きなインパクトをもたらす
:ポリオ根絶のPR

参加者の基盤を広げる
:奉仕活動などを通じて地域の人々の連携

参加者の積極的な関りを促す
  :自分たちのロータリーを展開する意識

適応力を高める
  :多様なニーズに活動のあり方

一番同感したことはポリオの根絶活動です。あともう少しの努力で目標を達成できそうであり、今年度もRIに協力していきます。

私のロータリーの歴は17年です。

入会時30名以上の会員数でその後は22名くらいに減少しました。その時は奉仕活動の予算もなくて会員増強もかなり苦労しました。

それでも会員は皆、頑張って出前教室を始め、奉仕活動を増やして会員も増えつつあります。会員数が増えると奉仕活動に充てられる予算も増え、奉仕活動が充実することになります。

楽しい例会と有意義な奉仕活動は会員増強の基本であると思います。これからもできる限り対面例会を行いたいと思います。もしコロナの状況が厳しくなったら、ハイブリッド例会も検討していきます。

奉仕活動もwithコロナの形で頑張っていきます。

今年1年間 会員の皆様のご協力よろしくお願いいたします。